江南市(丹羽郡,扶桑町)の痛くない無痛歯科治療、口臭治療なら江南歯科クリニック|無痛,口臭,歯周病,マウスピース矯正歯科,|丹羽郡,扶桑町などから来院頂いております。

インプラント

インプラントとは?

インプラントとは?

歯が抜けた場合の処置方法のうちの1つです。
人工の歯の根を歯の無くなった顎に埋め込んで歯の土台を作り、さらに咬み合わせる部分を作る方法です。

<長所>
安定性が高い・異物感が少ない・自然な仕上がり

<短所>
治療に要する期間が長い(6カ月程度~それ以上)・埋め込みのための手術が必要・保険が適用されない

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

1. 診査・診断・治療計画
口の中の状況(残存している歯、顎の骨、歯ぐきや粘膜、咬み合わせ等)を細かく診査していきます。全身の状況についても必要に応じて内科等の主治医と連携します。診査の結果から診断し、治療計画を立てます。

2. 術前処置
現在、歯周病にかかっていたり、何か問題点があれば事前に処置します。また、インプラント治療の成否の鍵を握るのは歯に付着した汚れ(歯垢)をいかに除去できるかです。

3. インプラント埋め込み手術・術後管理
骨にドリルを使って(細いものから必要な太さまで)インプラントを埋め込むための穴をあけます。
その穴にインプラントをねじ込んでいきます。 仮の歯をかぶせます。

4. 上部構造(入れ歯の部分)の製作と装着
歯ぐきが元の状態に戻れば、型を取って上部構造を作製します(咬めるようにする)。この操作は自分の歯の型を取るのと変わりません。咬み合わせの状態も確認し、最終的な固定式又は取り外し式の入れ歯ができあがります。

5. メインテナンス(定期健診)=成功のキーポイント
インプラントは天然の歯とは全く違います。人工臓器です。咬み合わせ・口の中の清掃状態・上部構造固定ネジのゆるみ・上部構造破損の有無・骨の状況等定期的にチェックしなければなりません。

当院では大口式インプラントを採用しています

当院では大口式インプラントを採用しています

大口式インプラント治療法

骨をほとんど削らないため、痛みも少なく出血も少ない、より安心・安全な治療方法です。

大口式インプラント治療法の特徴

・手技による回転運動のため、熱を発生させない。
・侵襲が非常に少ないので安心して手術に臨める。
・骨幅の拡大のみならず上方へも骨が盛り上がる。
・初期固定が非常に強固に得られる。 など

より安全で信頼性の高いインプラント治療のために

より安全で信頼性の高いインプラント治療のために

SimPlant(シンプラント)

SimPlantとは、3Dコンピューターシミュレーションシステムのことで、インプラント手術のシュミレーションを行うためのソフトです。
従来のレントゲンのみで診断する平面画像では、内部の骨の状態を正確に把握することが困難でした。
シュミレーションでは、歯科用CTで撮影した画像を処理し、レントゲン画像では分からなかった骨の形や量などを把握でき、正確な診断が可能となります。
また、3D画像は患者様が見ても比較的わかりやすいので、治療の説明もより理解していただけ、充分に納得した上で、手術を受けていただくことができます。

より安全で信頼性の高いインプラント治療のために サージカルガイド

より安全で信頼性の高いインプラント治療のために サージカルガイド

「サージカルガイド」

インプラントを埋め込むためには、ドリルで顎の骨に穴を開ける必要があります。サージカルステントとは、インプラントを埋め込む位置を確認するために使われる透明樹脂の型です。サージカルガイドとはドリルを適切な位置に導くためのインプラント手術支援用のガイドです。

サージカルで、CT撮影した患者様の顎の骨の3次元データをもとに、SimPlantRを用いて最適な埋め込み位置をシミュレーションし、高い精度のサージカルガイドを製作します。

これにより、安心・安全なインプラント治療を実現します。

インプラントオペ室とインプラント関連機器

インプラントオペ室 インプラントオペ室

インプラント専用手術室です。感染を防ぐために殺菌された部屋になっています。リラックスして手術が受けられるように心がけています。

インプラントオペ室 インプラントオペ室

インプラント専用の器具 と 生体情報モニタ(手術などを行う患者様の全身状態を管理し、安全な治療が行える機器)。

インプラントオペ室 インプラントオペ室

ピエゾサーサリー(神経や血管などを傷つけず安全に最小限の骨だけを削り、患者様の負担を減らす機器) と 

インプラント症例

症例1

治療前 治療後

症例2

治療前 治療後

症例3

治療前 治療後

症例4


治療前


治療中


治療後

TOPへ戻る